majokoと魔法の旅ブログ

majokoと旅する不思議な世界

majokoと魔法の旅ブログ★フィリピン セブ島の旅 Chapter 5: セブシティで働く友だちに会いに行こう!‐セブ2日目(セブシティ)

みなさん、こんにちはmajokoです!

majokoと魔法の旅ブログへようこそ!

ゆっくり旅していってくださいね。

 

 

これまでのあらすじ

フィリピン セブ島2日目は、majoko人生初のアイランドピクニックのあと、3時間の贅沢スパへ♡

その後、今回はこの旅のメインでもある、セブシティで働く友だちに会いに行こうと思います!

マクタン島で行ったアルニカ・スパのお話はChapter4からどーぞ💁‍♀️

www.majokonotabi.com

majokoと魔法の旅ブログ★フィリピン セブ島の旅 Chapter 5: セブシティで働く友だちに会いに行こう!‐セブ2日目(セブシティ)

今晩はこの旅、最大の目的と言っても過言ではないイベント!

ついに、セブシティで働く友だちに会って、夕食を一緒に食べていきたいと思います!

セブ島、マクタン島のタクシー事情

majokoが滞在していたのはコスタベリャ トロピカル ビーチホテルといい、マクタン島のビーチエリアに面したホテルでした。

(位置はググってみてください)

 

そこから、セブ島のセブシティに行くには大きくマクタン島を半分ほど回って、橋を渡ります。

ホテルから島を突っ切って橋まで行ければ、かなり近そうなのですが、あいにく島の中心には空港があるため、それが出来ません。

majokoがフィリピン旅行で一番心配していたのが、「タクシーでボラれないか」という事でした。

majokoが一番嫌いなのは、なめられること。

なめられないように旅行前はマクタン島からセブシティまでのタクシーの適正料金を調べまくりました。

ほかの方のブログなどを拝見すると、だいたい350ペソ前後が相場のようです。

なので、タクシーに乗る前に必ず350ペソくらいで行ってくれる?と聞いて乗るようにしました。

かなり嫌な感じを出されますが、乗ってみて吹っ掛けられるよりまし、と思って強気にいっていました。

おかげでだいたい350~370ペソでタクシーには乗ることができて、大幅にボラれるようなことはありませんでした。

一回だけ、夜遅くにセブシティからマクタン島のビーチエリアに帰るとき、乗る前にいつものように料金確認をしたら、

「もう夜遅いのにあっち行ったってお客さん載せて帰れないから450ペソにしてくれ。」

と言われたことがあり、それは確かにそうだな、と思ったので、運転手さんの意見を尊重しました。

あとは料金を確認して乗ったら、かならずメーターを使うように言うこと。

私は大丈夫でしたが、メーターを使わずに言い値で支払いを強要されることもあるそうで、これがトラブルにもなっているという話をよく聞きます。

詳しくまとめてくれているたくさんのブログがあるので、是非参考にしてくださいね!

 

アップルタワーのBule Elephantってどこよ

友人に指定されたレストランを目指し、セブにきて初めてのタクシーに乗ります。

majoko「セブシティのBule Elephantまでお願いします。」

ホテルに迎えに来てもらったタクシーのおじさんは穏やかで、好印象でしたが、なぜだかセブシティの方へ向かう道とはちょっと違う方向に進んでいることに、majokoは気づいていました。

(majokoは旅先で信用ならない人の乗り物に乗るとき、常にGoogle Mapを起動し変な動きをしていないかを確認するのである。)

おじさんが、「ここだよ」と言ったのはまだマクタン島の中。

それもセブシティの都会的な雰囲気ではなく、素敵なハーバーの見えるラグジュアリーなレストラン。

 

majoko「んー、ここは違うと思います。ここセブシティじゃないですよね?」

 

タクシーおじさん「え?でも、ここはとても有名なBlue Elephantっていうレストランだけどなぁ…」

 

majoko「同じ名前のレストランなんてあるの!?友達はアップルタワーのところって言ったら分かるよって言ってたんだけど…」

 

タクシーおじさん「アップルタワー?」

 

おじさんが分かっていなそうだったので、majokoは持っていたスマフォの地図をおじさんに見せました。

近くにはアヤラモールがあることが分かります。

 

タクシーおじさん「あー、ここ?こんなところにもあるんだ。アヤラモールがここなら分かった。全然違うね、ごめんごめん。こっちね。すぐ向かいます。」

 

majoko「迷った分はつけないでね、料金。」

 

その時は知らなかったのですが、このBlue Elephantというお店はこの海沿いのところと、アップルタワーと2つあるみたいですね。

そんなこんなで、無事にアップルタワーまでたどり着いたmajokoたちは急いで19階のBlue Elephantへ向かいました。

 

3年ぶりの再会~フィリピンあるある~

レストランに着くと友人はまだ到着していませんでした。

4名ですと告げてテーブルに案内され少し待っていると、友達が仕事帰りで遅れて到着しました。

レストランは大人の雰囲気漂う、薄暗いシックな感じの内装でした。

料理は生野菜サラダも食べられて、お肉料理もタイ風カレーもチャーハンも、色々メニューがあり、私たちは少しずつシェアしながら食べました。

友人曰く、フィリピンでは生野菜を食べられる場所が少ないから、こういうレストランはオススメだと言っていました。

そういえば、昨日行ったMARIBAGO Grillもこの友人からのオススメだったのですが、生野菜食べておなか壊さなかったなぁと。

(MARIBAGO Grillと大して金額の差もなかった気がする。)

ご飯をつつき、ビールを飲みながら、久しぶりの再会に近況報告会です♡

 

友人はもともと色白ではない方でしたが、すっかりこんがり健康的に焼けて、南国の女って感じになっていました♡

また外は暑いので、彼女も薄着でしたが、レストランの中は極寒。

(ほかの店でも思ったけどクーラー効きすぎなんだよなぁ。)

 

majokoはカーディガンを羽織り、それでも寒いと思っており、

 

majoko「ねーねー、気づいたんだけどさ、フィリピンってクーラーの温度下げすぎてない?」というと

友人「そうそう!寒いよね!」といいながら、「でも、もう慣れちゃった♡」とすっかりフィリピンの人になっていました。

フィリピンのクーラーの温度が下げすぎなのは、フィリピンあるあるのようです。

寒さに弱い方は、室内では羽織れる準備をしておくのが◎です!

 

当時友人はフィリピンで、語学学校のスクールカウンセラー的な、役割を担っていました。

本当はこの会社の立ち上げから関わっている子なので、重役ポジションだったんだと思うのですが、立ち上げたばかりだったこともあり、彼女がフィリピンで体調を崩した生徒を夜な夜な病院に付き添ったり、生徒たちの夢を聞いて背中を押したり、相談役になって生徒を励ましたり、サポートしたりしていたそうです。

ちなみに彼女は全然英語話せないらしいですが。笑

(逆にすごい。笑)

彼女はこの経験がとても楽しくて、忙しいけど充実していると笑っていました。

(多分、全然休みとか返上して働いてたと想像する……)

彼女の学校で英語を学んだ人たちが、その英語を使って自分の夢をかなえる姿にとても力をもらっているといっていました。

今は日本に帰ってきて、日本でフィリピンの語学学校の運営をしていますが、今でも卒業生たちから連絡が来ては、嬉しい報告を聞いているそうです。

 

彼女の運営している会社のURL貼っておきますね!

 フィリピンセブ島の格安英語留学 | ガチ留学公式サイト

色々変わり種のコースが色々あって面白いです!

(いつか私も1週間くらい英語のBrush upするときには利用しようと思います。)

お金がなくてもバイトをしながらフィリピンに住んで英語を学べるってすごい強いと思います。

それで本命の国へワーホリいって、最初からガツガツ稼ぐっていうね!

その方法についてはこちらで記事書いてます。

www.majokonotabi.com

 

おっと、少し話がずれましたが。

まぁ、場所はフィリピンでも女子が4人集まれば話は止まらず、夜も更けていきましたw

実はこの時、majokoと一緒に日本から来た友達の一人が1週間前に結婚式を挙げていたため、私と当の本人以外の2人がお祝いのケーキを準備してくれていました。

なにやらそわそわしているなと思ったら、内緒でケーキを買ってきてくれていたらしく、まるっとホールで外国風ケーキを頂きましたとさ☆

(持ち込みさせてくれたレストランの方ありがとうございました!)

帰り際、外のテラス席も見てみたら、アヤラモールが目の前!

夜だったので、夜景も綺麗でしたよ♡

友人とは4日目に友人が企画してくれた手作りツアーでまた会うことになっていたので、しばしのお別れです。

4日目のツアーをお楽しみに☆ 

 

さて、今日のお話はここまで!

明日は旅行雑誌を賑わす、2大有名ショッピングモールへ行ってみようと思います!

買い物に捧げる一日、そしてタクシー難民…

セブのショッピングモールってどんな感じなの?と気になる方は、ぜひ読者ボタンをポチっとをお願いしますm(_ _)m

 

また、更新をtwitterでもお知らせしています!
下のボタンからフォローをお願いいたします!
twitterでコメントもいただけたら喜びます♥
 

最後までご覧いただきありがとうございました😊

 

 

majoko 

 

 

 

Instagram